11.マジカルリライトテスト オルターパターンを指定する – オリジナルワードプレスプラグイン Magical Rewrite Post
マジカルリライトポストはリライト革命だ!
マジカルリライトポストはリライト革命だ!

11.マジカルリライトテスト オルターパターンを指定する

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
さて、テンプレートの詳細度が上がるとオーダーが厳しくなるため、取得に失敗することが多くなります。
特に前置詞や助詞の指定方法によって微妙にマッチしないということが多々あります。
そこで、マジカルリライトポストにはオルターパターンを用意しています。オルターとは代替という意味です。

ランファランファ
また新しいオプションが出てきましたね。
でも、オルターパターンを使えば前置詞や助詞にも対応できるわけですね。

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
はい。
例えば、「坂本龍馬が」と「坂本龍馬は」と「坂本龍馬の」を同時に指定したいとします。
その場合は以下のようにします。

坂本龍馬(A=が::は::の)

これで「坂本龍馬が」と「坂本龍馬は」と「坂本龍馬の」を同時に指定できます。
オルターパターンはキーワードをある程度曖昧にぼかしつつ、それに続く語を指定することで次に来る文章パターンをハンドリングできます。

ランファランファ
なるほどー。これなら取りこぼしが少なくなりそうです。

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
オルターパターンはキーワードの右側に結合します。
例えば、以下であれば

坂本龍馬(A=が::は::の)

という指定は「坂本龍馬が」と「坂本龍馬は」と「坂本龍馬の」にはなりますが、「が坂本龍馬」と「は坂本龍馬」と「の坂本龍馬」とはならないことに注意して下さい。

ランファランファ
オルターパターンはキーワードの右側と憶えればいいわけですね。

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
はい。
なお、オルターパターンの括弧内の「A=」は省略可能です。
※複数ある場合は「::」で区切ります。1つだけの場合は「::」で区切る必要はありません。

1つ目の空欄に「坂本龍馬(A=が::は::の)」
2つ目の空欄に「土佐藩(A=で::の::を)」
3つ目の空欄に「(した。::す。::る。::た。)」と入力してみます。

ランファランファ
最後はオルターパターンだけでもいいわけですね。

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
そうです。
以下が検索で得られた結果です。

坂本龍馬は「脱藩」したと良く言われるが、この脱藩と言うのは土佐藩士を辞めたと言う意味ではなく、許可を得ずに、自分勝手な判断での土佐藩を脱藩、幕臣・勝海舟の元に身を寄せ、薩摩藩の西郷隆盛と出会います。1866年に薩長同盟が結ばれた際、薩摩藩と長州藩の仲立ちに力を尽くし、翌年には、土佐藩との関係を修復して、海援隊を結成。これは、土佐藩に附属する私設軍隊であり、武器を扱う貿易会社でもあり、日本初の株式会社だと言われています。同年、龍馬が中心となり、新国家体制の基本方針「船中八策」が作られました。

コメント

記事に戻る

コメントを残す