19.マジカルリライトポスト 便利なテンプレート呼び出し – オリジナルワードプレスプラグイン Magical Rewrite Post
マジカルリライトポストはリライト革命だ!
マジカルリライトポストはリライト革命だ!

19.マジカルリライトポスト 便利なテンプレート呼び出し

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
マジカルリライトポストを使い慣れてくると、自分だけの定番テンプレートが出来上がってくると思います。
定番テンプレートはテンプレートライブラリに登録して使いまわしましょう。

ランファランファ
ここでテンプレートが出てくるわけですね。

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
はい。テンプレートライブラリは、ダッシュボードの [ MRPテンプレート ] です。
試しに登録してみましょう。

[ MRPテンプレート ] → [ 新規MRPテンプレート追加 ] をクリック。

投稿の編集は普通の投稿と同じ手順です。

ランファランファ
追加しました。

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
編集する内容は例えば以下のようなショートコードであれば

[ MRP main_word=”テスト” p1_1=”テスト” p1_2=”である。” ]{ {all} }[ /MRP ]

「{ {all} }」の部分を編集します。
ショートコードは含めないで下さい。

ランファランファ
ふむふむ。

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
試しに以下のように入力してみましょう。

これはテンプレートです。
{ {all} }
↑が全文に置き換わります。

ランファランファ
あっなるほど。文字列のプレースホルダだけが置き換わるわけですね。

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
そうです。
入力し終えたら保存する前にスラッグをつけます。
スラッグは編集画面の右上の「表示オプション」をクリックして「スラッグ」にチェックが入っていなければチェックします。
チェックすると本文下に「スラッグ」という項目が追加されます。

ランファランファ
つけました。

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
テキストボックスに「テンプレート1」と名前を付けたら保存ボタンを押します。これでテンプレートの登録は終わりです。
テンプレートですので投稿ステータスは公開でなくても構いません。

ランファランファ
はい。

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
ショートコード側からは以下のようにしてテンプレートを呼び出します。

[ MRP main_word=”テスト” p1_1=”テスト” p1_2=”である。” template_slag=”テンプレート1″ ]{ {all} }[ /MRP ]

これで先程登録したテンプレートを呼び出しできます。
スラッグではなく投稿IDで呼び出す場合は以下のようにします。

[ MRP main_word=”テスト” p1_1=”テスト” p1_2=”である。” template_id=”1234″ ]{ {all} }[ /MRP ]

ランファランファ
テンプレートを指定するとそっちが優先されるわけですね。

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
そうです。
自分だけの定番テンプレートにチャレンジして下さい。

コメント

記事に戻る

コメントを残す